携帯HPパーツはChip!! 枠なし表示
クリキントン・ノースウッドの西部アウトロー日誌 〜第10章〜

2017年10月02日(Mon)
【本年度の営業は終了致しました】
テキサス・レンジャーズの今シーズンの日程が終了してしまいました

2010年以降プレーオフの常連なので、この時期の終了は物足りません。

今シーズンはプレーオフに行けず、かといってズタボロな結果でもないのでドラフト指名権も全体15位?と中途半端で最悪なシーズンでした。

しかし個人的には夢の現地観戦を実現させた年なので特別なシーズンではあります。

2017年のテキサス・レンジャーズは力のあるチームでしたがクローザー崩壊、ベルトレーの長期離脱、低打率一発タイプを揃えてしまった為に中途半端なシーズンになってしまいました。

トレードも不振が響いて良い見返りは受けとれませんでした。(カルフーンは気に入ってます)

ダルビッシュやルクロイは消えたけど、ベルトレー、アンドラスは来季までいるので勝負出来る年ではあります

ダルビッシュと再契約は必須と思った時期もあるけど、そんな金があるなら複数の選手と契約した方が良いと今は思ってます

そこで獲得したことを前提にテキサス・レンジャーズ2018年メンバー勝手に決めてみました

1 DH 秋
2 SS アンドラス
3 CF ケイン
4 3B ベルトレー
5 RF マザーラ
6 1B ギャロ
7 C チリーノス
8 2B オドーア
9 LF デシールズ

SP

ハメルズ
コブ
キャシュナー
ペレス
グリフィンorマルチネスorビベンス=ダークス


RP
ケラ
ブッシュ
ルクラーク
クラウディオ
デュークマン

CP
リード

放出
ゴメス
ナポリ
ゴンザレス
バーネット

ケガしやすいゴメスと率を残せないナポリはサヨナラ
バーネットは400万$の価値はない?かな

獲得
大谷
コブ
キャシュナー(再契約)
ケイン
リード

ダルビッシュ1人に費やす位ならリード&ケインを獲得するべきだ

先発が弱いがリリーフに問題が無ければまずまず戦えるだろう

それでも争奪戦が予想される大谷&コブを獲得出来たらチーム内の士気は上がるだろう

ワトソンも欲しいトコだが5人獲得したら資金的に厳しいだろう

今年のマリナーズのように小粒ばかり集めても所詮は小粒なので意味ありません

補強する時はシッカリ補強すべきです

しかしレンジャーズの現状は不良債権を抱えているコトもあり最上級レベルの選手獲得はそうそう出来ません

上の下か中の上レベルの選手を複数揃える方が得策なのです

仮にレンジャーズにダルビッシュ残留代にと用意した2億$の予算があるのであれば

優先順位としてはキャシュナー2年2500万$>大谷ポス代と国際ドラ代込2300万$>リード5年5200万$>ケイン4年5000万$>コブ3年3000万$>ワトソン2年1600万$の順に獲得していこうではないか


無茶苦茶でありながらどこか現実味のある値段ですな

果て、実際はどうなるコトやら
















[追記を読む]
10:43
コメント(0)
[コメントを書く]






w友達に教えるw
[宣伝BBS]
ブログ[編集][作成]

ひまつぶしめにゅ〜 by 凸リアル
Chip!!ブログ作成/ホムペ/メルボ